AMERICA

アメリカではカリフォルニアを中心にニューヨークにも進出

ドライブスルー対応店舗なんかもあります

 

ニューヨークの42丁目

ポートオーソリティバスターミナルの近くにあった吉野家

この吉野家らしからぬ煌びやかさはニューヨークならでは

 

昼までもファンキー

でも24時間営業ではないみたいです

ロサンゼルスは店舗数も多く、比較的容易に見つけることができます

こちらはハリウッドの近く

サンタモニカ通りとバイン通りの交差点角にあった吉野家

外見はファミリーレストランのようですね

 

ここアメリカではマクドナルド等のようにファーストフード形式で

カウンターで注文して席に運ぶセルフサービスです

  

2002年ロサンゼルスに訪米時のメニュー

ドルなのでその時によって価値がかわりますが

1ドル120円の場合が日本とだいたい同等価格となっています

でも量はさすがアメリカンサイズですが・・・

写真でも量の多さが伺えます

デザートにはなんとプリンやケーキなどが・・・

牛丼とケーキって日本では考えられない組み合わせですね(笑)

  

2009年ロサンゼルス訪米時のメニュー

牛丼(ビーフボウル)は7年間で約1ドル値上がりされました

それでもこのボリュームなのだから安いのでしょう

  

なんかもう見るだけでお腹いっぱい

レギュラーメニューのメインだけでなんと10種類もありました

サイドメニューにはなんとクッキー?!が・・・(笑)

  

もう吉野家の域を超えたこんなド迫力メニューなんかも!

  

日本にはないキッズミールなるものがアメリカにはありました

ビーフかチキンの丼にドリンクとクッキーがついています

スープ類は3種類!味噌汁は激高です

そしてけんちん汁がない代わりにクラムチャウダーやチキンベジタブルスープなんかがありました

  

吉野家でケーキってどんなんなんでしょう!

コーヒーもあり!もうなんでもあり(笑)

そしてこちらは2010年ニューヨークに訪米時のメニュー

セットは10種類から選べます

  

こちらのメインは牛丼よりコンボ丼のようですね

またニューヨークでは肥満が深刻なためかメニューにはカロリーも表記してあります

  

ロサンゼルスと同様にバーベキュープレートももちろんあります

  

バーベキュープレートはロサンゼルスと比べかなり高いですね

 

ニューヨークの吉野家にはなんとお寿司(カリフォルニアロール)もありました

ですが、超高価格設定となっています

   

サイドメニューも日本とは全然違う内容とボリューム

  

やっぱりケーキもありました(笑)

  

クールボックスにはデザートやサラダがぎっしり!

ドリンクなんてハンバーガーショップと同じくらいの品揃え

これぞアメリカの吉野家

日本ではありえないこんな組み合わせができるのもアメリカ吉野家ならでは

満足間違いなし!ビーフショートリブプレート

丼類はここアメリカでは陶器ではなくパックに盛り付けられます

牛丼サイズは日本の特盛以上ありそうなボリューム

肥満防止のためかアメリカではこんな野菜がたくさん入った牛丼もあります

   

テイクアウトにすると紅生姜や醤油やコショウもたくさんついてきます

テイクアウトバックもかわいいですね

生姜などはセルフサービスで・・・

  

ニューヨークの吉野家で販売されていたカリフォルニアロール

吉野家では摩訶不思議な焼きそばなんかも販売されていました

 

極めつけはデザート

でもこれが意外と美味しかったのです

 

サラダも日本とはちょっと違った感じ

ドリンクなんかまさにファーストフードといった感じでした

  

アメリカではエビの天ぷらって人気なのでしょうかね?

水は有料で99セントでした

  

日本では販売されていない吉野家グッズ

ファンにはたまらないですよね?!

湯呑みやタンブラーも300円以下で安い!自分用に買って帰りました(笑)

  

アメリカ吉野家のレシート

ありがとうございました